食べ物を意識して高血圧改善を

食事療法をすることによって、血圧を下げ、高血圧の改善をすることも可能となっています。基本的に食事療法では、バランスよく栄養を摂取すること、低カロリーのものを食べること、塩分を控えることが基本となります。

 

高血圧を改善したいのであれば、血管が詰まってしまって動脈硬化にならないようにすること、血液をサラサラにして、血行を良くすることが大切です。

 

この2点をちゃんとしておくことによって、心臓への負荷も軽減させることができるようになるのです。

 

動脈硬化になってしまう原因として多いのは、肥満です。ですから、肥満になってしまっているのであれば、肥満を解消させるようにしなくてはなりません。脂肪がつかないようにするためにも、お腹いっぱい食べるのではなく、しっかりと時間をかけて食べるようにして、8分目に留めるようにしてください。また間食は食べないようにすることも大切です。

 

最近は調味料でも塩分控えめのものが多いですから、このような塩分控えめの調味料で調理をしていくようにしましょう。

 

塩分控えめで、味を濃くしないようにすることによって、血圧の上昇を防ぐことができます。わさびや胡椒、お酢などといった調味料というのは塩分が含まれていないですから、このような調味料で味付けをすることをお勧めします。

 

普段料理を作らず、コンビニ弁当や外食を食べているという人も、血圧が高くなりやすいです。最近はレストランでも、塩分がどれくらい含まれているのかが記載されている場合が多くなってきていますから、カロリーをチェックするだけではなく、塩分もチェックをしておきましょう。