痔の保存療法

痔の治療法には概ね2タイプがあります。薬をメインに治療する「保存療法」と、手術等を伴う「外科的療法」です。「できるものなら手術等しないで治したい」と思っている人がほとんどではないでしょうか。しかしながら、すべての痔に対して保存療法が有効であるわけでもなさそうです。

 

では、保存療法が適しているのは、一体どのタイプの痔なのでしょうか?例えば、裂肛(切れ痔)が挙げられます。裂肛(切れ痔)とは、その名の通り、肛門管が切れたり、裂けたりすることで生じる痔のことを言います。

 

これも女性特有の症状であり、いぼ痔の次に多い症状と言われています。便が固かったりすると切れ痔になりやすいのですが、他にも「肛門が狭い」「便秘がちである」「下痢がちである」等といったことも切れ痔と関係しています。

 

排便時に出血や痛みを伴い、さらに排便後も痛みが続くのがこの切れ痔の特徴です。切れ痔のうち、なんと約90%が保存療法によって処置されます。使用される薬としては、外用薬(座薬等を含む)と内服薬の2タイプに分けられます。

 

自分の症状に合わせて上手く使い分けることが大切です。ちなみに、外用薬にはステロイド系のものと非ステロイド系のものがあります。ステロイド系の薬には炎症や痛みを抑える働きがあります。副作用を伴うことがあるため、急性期に使用するようにしましょう。

 

また、痛みのあまり緊張し、肛門狭窄を起こしてしまっている場合には、ニトログリセリン軟膏を使用しましょう。保存療法というのは、薬の処方のみが全ではありません。排便指導や便秘予防のための生活指導も重要な役割の1つです。激しい痛みが伴う場合、保存療法を受けたけれでも思うような効果が得られなかった場合には、手術が勧められます。尚、保存療法は症状の悪化が見られないいぼ痔等に対しても行われます。